ムーモは敏感肌でも使える?副作用危険度と成分効果を徹底解析!

 

この記事ではムーモの副作用について解説します。

 

脱毛クリームムーモは敏感肌でも使えるか、気になっている人も多いでしょう。

 

結論から言うと、ムーモは副作用の危険性が少ない、安全性の高い除毛クリームです。

 

moomoに使われている成分名などが気になる人は、この記事をしっかり読んでおきましょう!

 

 

成分名 効果 副作用危険度
チオグリコール酸カルシウム 塗るだけで除毛できるのは、毛の構成成分のたんぱく質を溶解するからです。
シア脂 植物性脂肪であり、皮膚を保護します。水分量も増加します。
ダイズエキス 角質層の潤いを保ちます。女性ホルモンに似た働きで肌のハリやツヤをアップさせます。
シソエキス(1) 引き締め効果が高く、抗アレルギー作用もあります。
水酸化カルシウム 食品添加物としてこんにゃくの凝固剤として使用されていることで有名です。
1,3-プロパンジオール 角質の水分量アップ、及び抗菌・防腐作用もあります。
1,2-ペンタンジオール 肌を柔軟にし、水分量をアップさせます。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル 保湿効果がある成分ですが、同時に抗菌作用も得られます。
ポリオキシエチレンセチルエーテル 界面活性剤であり、乳化剤としても用いられる成分です。
ステアリルアルコール 成分の乳化をサポートします。感触を良くします。
パラフィン 感触を良くします。
流動パラフィン ミネラルオイルと呼ばれ、肌へのエモリエント効果が高いです。
水酸化ナトリウム 毛を溶かす成分です。
1,3-ブチレングリコール 皮膚を柔軟に保ちます。保湿力もあります。
香料 香りの効果により、リラックス・リフレッシュが期待できます。

 

副作用危険度:当サイトの基準で評価しています

 

ムーモに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

ムーモには危険性の高い成分は使われていないので、敏感肌の女性でも安心して使うことが出来るでしょう!

 

ムーモのネット上の口コミを見ても、肌が荒れてしまったという人はあまりいないようでした。

 

また、moomoはISO9001認定工場で製造管理されており、非常に信頼性の高い除毛クリームだと言えます。

 

危険性の高い除毛クリームを菊地亜美さんが愛用するはずもありませんしね!

 

安全性の高い除毛クリームを探している人は、ぜひムーモを使ってみて下さいね。